琵琶湖釣行記(5/23)


みなさん、こんにちわ~

最近、スナックへ行ったりするとつい歌いたくなるのが





この歌詞を見てピン!とくる人はなかなかです(笑)

前田慶次とエヴァンゲリオンの台選びで悩むこのごろですが、いかがお過ごしですか?



さて先日琵琶湖へ行ってきました。

今回は、またもや最近琵琶湖ラヴのスクイッドさん(今年イカ一度も行ってないんじゃないの?)、久しぶりのバックリさんの3人。

難しいと言われている琵琶湖ですが、ワタクシにはいつも難しいです。



今回は、テキサスフッキングがしたいというスクイッドさんのために各地を回ります。

水の状態を考えて、チャンネル側というより、どう考えても東岸のシャローゾーンでしたので、そのシャローを軸に丁寧に魚探がけをします。



今回くりさんが発見した



越冬カナダモ

まだまだいい場所がありますね~



何カ所か絞り込み、3人でテキサスを放り込みます。お気に入りのキンクー7、デスホも投げますがなんか違う感じ。

エリア、ベイトの量を考えても魚探を見てもバスはいるはず。ですがバスが超セレクティブな状態なのか口を使いません。。。。



スクイッドさんが得意のアレを投げても



子バスとギルしか反応しません。



そんな時にワタクシがいつも頼るのが



あっちーワーム初号機です。

実は今回、いろいろなワームを使ったんですが、圧倒的にバイトが多かったのはあっちーワームでした。

しかもこの色がバツグンによかったです。あとは、比較的サイズのいいバスが選んで口を使うような気もします。



最終的に3カ所のエリアを絞り込みポツポツと釣れるんですが、デカイバスが釣れません。

45UPのラッシュもありましたが、結果的に50の壁を越えることができませんでした。







途中で撮影がめんどうで止めましたが

3人で48,49クラスはトータル7、8本、40~45クラスまでなら15本くらい釣れました。





今回の反省は

ワンエリアに拘りすぎたこと

よく反応するいい場所でしたので、釣りこんでしまいました。

昼からの光量が増えた時間帯は、明らかにあの釣りをしなければならないのに…



まぁ、でも楽しかったのでよしとしましょう。

またリベンジ行ってきます!





Calendar
<< December 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
admin

ジークラック GEECRACK

琵琶湖バスフィッシング情報 NeverSummer

NeverSummerGUIDE