.nbtnc{ display:none; } NeverSummerスクイッド
NeverSummerスクイッド

■2007年07月17日(火)  気になる「エビ」
いや〜、参りましたね〜台風。せっかくの連休なのに釣り行けないってのは悲しいけれど、溜まりに溜まったお仕事で忙殺中なんで土曜出勤してました。

で、最近なんですが、相変わらず普通に忙しいんです。管理人さん程の忙しさではないんですが、今年はブログの更新も疎かになってしまって申し訳なく思っております。

ボクの仕事なんですが、まぁしがない商社のサラリーマンってトコです。決して電気屋さんでは御座いません笑 でも、機械やら電機関係のものはイジるのが好きと言うか得意でしてねぇ。

先日も、会社のテプラってヤツが2台壊れて放置されてまして、会社のねーちゃんが



「この2台、テープが出てこないんですが...直せます?」



と聞いてきたんで、分解して「あ、なーんだ。」って感じでちょちょいのちょい。完璧に治せました。

で、ねーちゃんの前に持っていってスイッチオン!見事に印刷されたテープが出てきました。



「うゎ〜!スッゴ〜イ♪ミラクルゥ〜♪」



ってべた褒めされたんですが、もしこの目の前で出てくるテープに「好き♪」って打っておいたら一撃で彼女は落とせたでしょう笑
ボクの好みは癒し系、でもホントの好みはイヤラシ系でこんにちわ。長い前フリ@スクイッドマサシです。




さて、そんなことはどうでもエエんですが、先週末はルアーショップ「おおの」さんの大会に出てきました。
ボクのパートナーは管理人さん。で、いきなり結果ですが...当然の事ながら...泣

今回は管理人さんに2キロフィッシュを2本釣ってもらって、ボクはキロ1本で合計5キロ。これが予定だったんですが、ま、あくまで予定は予定。そんなにうまく行かないから釣りは面白いトコなんですが、管理人さんの足を思いっきり引っ張っちゃいましたね〜。ゴメンナサイ。

釣果報告は当日の船長さんの管理人さんにお任せいたしまして、ボクは何を一日何をしていたかと言うと、実はハネラバをしていました。それも狂ったように笑

ここでタックルご紹介。


マズはルアー。

ハネラバなんで当然ラバージグなんですが、ボクが使っているのは本物のDEPS ハイパーフットボールジグ3/8オンス。
トレーラーワームは一時期パカクローが流行っていたんですが、ボクは色々試行錯誤してます。今回使用したのはノリーズのエスケープツイン。でもパカクローのスローフォールに匹敵するようなワームはナカナカ無いですねぇ。パカのパクリ某社有名ワームはどうなんでしょ?今度試して見ます。

で、ロッドなんですが...通常ハネラバって言うと固めのベイトロッドってのが適していますが、オレのブログはスクイッド。
当然使用するのはエギングロッドのメジャークラフト・トリプルクロス笑 コレにスピニングリール+PEラインと言うバリバリのエギングタックル!
え?アホか!って?違いますバカです。エギングバカですね笑


いや、でもね、コレが意外にバカにしたもんでもないんすわ。エギの操作ってのはハネさせてフォールさせるのが普通なんで、ハネラバと結構共通点が多いんです。それに、ボクは普段スピニングタックルばかり使ってるので、ベイトだとどうもぎこちなくなっちゃいまして、スピニングだと握るだけで心が落ち着きます笑

問題と言えばラインですね。今回はエギングそのまま0.8号にリーダーはちょい太めの14ポンド。リーダーはまだしも、メインラインは細すぎるかな?50くらいならなんとかイケると思いますが、ロクマルはキツイかも。1.5号まで上げてみてもいいですね。

今回の大会では1本獲れただけでしたが、また次回はネタ的にトリプルクロスよりワンランク硬いカラマの832Hで挑戦しようと思ってます...




と、ここまで書いていて、帰国したKazuki選手を交えて、この台風の最中飲み会をしよう!と宣言したにも関わらず、主賓のKazuki選手の体調不良にかこつけて、飲み会を強引に中止!月曜日に琵琶湖へ行ってきました爆

まぁ結果的には何時もながらのタフコン(笑)なので40チョイくらいまでのが最大で、大したタマゲタ釣果も出ず、竿が振れたので満足出来た程度。でも、スクイッド的に色々思った事をご報告。


ヘアリーホッグはナカナカ良い!

先日のネバサマ杯のウィニングルアーのワーム。見てくれは毛虫ですが、琵琶湖のメインベイトの一つであるエビを模してあるだけに、動かし方を考えれば結構イケるんではないかと。実際今回コイツで釣れたバスは口の中に手長エビっぽいヤツが入ってました。材質は大変硬くて思わず「なんじゃこりゃ?!」と思ったんですが、エビって本来硬いもんですからね笑 持ちも良くて大有りだと思います。ちと高くて、釣れるサイズが選べないのが難点ですが...。



∨織泪蝓璽覆任涼訖はオイシイ!(日もあるかもしれない。)

え〜、あくまで料理の話ではありません笑 是非色々な場所を開拓して癒されようと思います爆



N■造気鵑里師匠様はオモロイ!&スゲー!

以前にも食事をご一緒して頂いた事はあるんですが、聞くお話しはスゲーオモロイです! もの凄く為にもなりますしね〜。お仕事のお邪魔をするとアカンので書けませんけどね。一度ガイドを受けてみたいです。



ぅ丱皇爐蠅呂笋辰僂螢モロイ!

すっかり海専門になったワタクシですが、だからこそバス釣りを面白く感じます。海は単純明解ですが、バスは難解な釣りですねぇ。で、今回お二人の考えてる事を色々聞きながら釣りをしてたワケですが、その正解を突き詰めて行く時のプロセス。ここにバス釣りの魅力が存在します。2人共難しいと言いながらグッドサイズも捕獲してたし。
この二人の言う事を聞いてれば間違いなく釣れるな〜と思いました。お世辞でも宣伝でもないですが、お勧めですよ。NEVER SUMMERガイド


え?じゃオマヘはなんであんなチッコイのしか釣れてないんだ?って?
そりゃガイドさんの言う事を聞かず、エギングロッド振って、飽きたら船上で爆睡。そんなヤツには釣れません笑 


☆今回のおさらい☆
ガイドさんの言うことは聞きましょう!

■2007年07月01日(日)  そして冷水に晒される泣
続きです。



さて、やってきました当日の朝。予報では昼から雨との話でしたが、旅館のカーテンを開けると何故か既に降ってます泣


今回のネバサマ杯ですが、ご参加人数が20人程と少々寂しいですね。まぁ皆さんそれなりの年齢と立場になってきて、家庭や仕事に時間を取られ、中々普段の釣りにも行けなくなってしまっているようです。NEVER SUMMERでは年間数回のイベントを企画しておりますので、今回参加出来なかった方々は、次回お時間をムリヤリ割いてご参加下さい笑



そんな事より取りあえず前日に相棒のすってんてんさんと話していた事は、翌日の予報はくもりのち雨。土曜日はかなり食いが渋かったようなんで、この雨模様で一気に食いが立つ可能性があるかも?って事です。で、前日プラで凹まされた人間よりも、釣れない先入観が無い

「琵琶湖は釣れるで〜」

と思っている方々の方が釣ってくるんではないかと。
我々にはちょっと風向きが悪い予想ですが、そんなこんなで出船です。


パラパラと雨が降る中真っ先に向かったのは、前日1本だけ釣れたプロットナンバー74。沖から進入すると、ありえない光景が。


なんと!

マーカーが浮いてます(痛) まさにその74番の真上。しかもレギュラーサイズですが、釣ってます泣



朝からプラン崩壊です(激痛)



しょうがないので、その沖合いのアッチ〜ポイントへ。ここは裏Bさんが教えてくれたトコですが、今日はいないので遠慮なく入ります笑

魚探の反応はGOOD。しかし、テキサスを打ち込んでも何も反応はナシ。う〜ん、いると思うけどなぁと思って手を変え品を変え通すラインを変え...と、すってんてんさんがライトリグを打ち込んだ瞬間に即バイト!

サイズは微妙な40くらいですが、我々の活性を上げるには充分なサイズ!ボクもライトリグに持ち替え即ゲット!コレも微妙な40クラス。実はこの2本がこの日の我々のダメダメぶりを決めるとは知らず、結構喜ぶ二人。


テキサスに食わずライトリグだから食って来た。やっぱり今日もシブい?と勘違いした我々。このポイントではアタリも無くなったので、よせばいいのに西岸の魚っ気があるライトリグ場へ移動する事に。しかも、なんとここで40クラスのコンディションがエエ魚が即釣れたので、さらに大いに勘違い泣 DS地獄へ一直線。


西岸をウロウロしてチビをパラパラ釣っていると、すってんてんさんが何やら掛けました。結構エエ引きしてます!



「どうすか?エエ感じですか?」



「...(ニヤニヤ^^)」


微妙に頬が緩んでいる「すってんてんさん」。



そして上がってきたのは最近の琵琶湖には珍しい巨ギル爆

間違いなく外道賞確定です!


ここで雨風が強くなり...と言うか強すぎです!泣 何十年ぶりかに豪雨の中での釣りです。ボクはニクワックスでコートしてあるウェアなんで、全く染みてないですが、すってんてんさんはびしょ濡れだそうで、しかもかなり寒いっす。

豪雨に心も折れ、戻りがてら場所探し。東岸でベイト反応を発見。早速釣りをすると、すってんてんさんがナイスサイズを追加!これでエエっしょ!もう寒いしヤメー!と思ってきたら裏B塾長からお電話。



「雨が酷いっす泣」



「今どこで釣ってるんです?」



「大橋の近くです。戻ろうかと...」




「何を言ってるんすかー!戻って勝負して下さいよー!」



と、塾長に焚き付けられ、


「うん。そうですね!諦めちゃアカンですね!マサシ行きまーす!」


と、思って、エレキを上げた瞬間!





ザァ―――!(豪雨)



諦めて早めに帰港しました(サブイ...)




☆今回のおさらい☆
優勝者にはダブルスコアで負けました泣 まぁボクはこんなもんすわー。40以下の子バスは釣れますが、50クラスとなるとかなり難しいです。場所によっては45以上が連発した所もあったみたいで、活性の高い個体の集団もいたみたいですね。このあたりは毎週出ていないと判らないんでしょうか?船持ってて毎週出ていれば見えてくるかもしれませんが、ノンボーターにはこの日の琵琶湖は心も体も冷たいです泣

大雨の中でしたが、やっぱりバスは楽しいですね。それが親しい仲間との釣りなら尚更です。今回の様にマジモードもタマにはエエですけど、やはりボクはワイワイ喋りながら釣りするのが性にあってますわ。って事でやはり海かな?笑


最後に

大会を開催するに当たって、ご協賛して頂いた

「ルアーショップおおの」
(何時もありがとうございます!来週頑張ります!)


「ブルースカイ」
(そっちに転勤しました。今度寄りまーす)


「GEECRACK」
(帽子買いに行きまーす!)


また、場所を提供して頂いた

アサヒサービス
(ブリ釣れたら送ります爆)



その他メーカー様、個人商品提供者の方々、



本当に有難うございました!

過去ログ 2004年09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 08月 10月 11月 
2010年02月 03月 04月 07月 08月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 08月 

【NeverSummerBLOG】
NewYork USA Boss OneSelf

琵琶湖バス情報 NeverSummer