.nbtnc{ display:none; } NeverSummerスクイッド
NeverSummerスクイッド

■2010年10月31日(日)  ティップランって?⊆堕猜
さて、実釣編です。



場所は太平洋、三重県...らしい。相変わらずですが、早朝起きたら


「ここはどこだ?」状態。(師匠スンマヘン)



初めての場所です。フィールド状況は前日よりの波っ気でババ荒れ泣 風もソコソコ吹いており、しかもウネリが酷いです。

全体的に見渡すと大きな湾が幾つも点在、連なっていて、外洋にも大きく口を空けているので、色々な魚が入りやすくはなっている模様。かなりエエ場所です。出来れば穏やかな時に来たかった...。


で、乗船。釣人は我々を含めて(2)+(2)+(1.5+0.5)+(0.5)=6.5人。
「2」はもちろん我々ですが、もう一方の「2」は愛知県から来た2人組。ココには年1回は来るそうです。
(0.5)は船長。そして(1.5+0.5)は某社有名テスター親子。手強そうです笑


さて出船して最初のポイントです。水深は18mほど。流し釣りスタートです。ちょい投げして落とし込み、2〜3度程シャクってステイ。船は流れるのでドラッギング状態。アタリが無ければ再度落としこみ→シャクリ→ステイ→ドラッギング。

テンションをかけっぱなしなんで、ティップは曲がりっぱなし。これにイカが触るとテンションが抜け、テップが戻る。
これでティップランと言うらしいのですが、全くティップが戻る感じはないです。


セカンドポイントでやっとミヨシの2人組の一人がイカをカケます。続いてもう1ハイ。連続しますが、他の人間にはアタりません。一体なにが違うのだろう...。


風も波も相変わらずの状態。ミヨシの二人組はどんどん顔が青くなり...って大丈夫ですか?汗 我々はアネロン効果で問題なし。がアタリも無し泣 

テスターさんも苦戦の模様。ここで波も酷くなり、湾内に船を進めますが、水が白く濁っており、全くイカの気配も無し。

ウワサではティップランだと爆釣出来るとの話だったんですが...ここまで船内なんと2杯。文章にすると短いですが時間はなんと4時間くらいすでに経っております。



船長熟考の末、最初釣れたポイントにチャレンジする事に。波は高いが釣れると言う魅力には勝てません。行ってみるとまだまだ波は高いのですが、

(師匠に無断拝借)


鳥山が出来ていていい雰囲気。


早速落としてみると、これがまたとんでもなく潮が速い。しかも2枚潮。ラインは流れて船から離れて行くのですが、上げてみたら船の後ろからエギが帰ってくると言う状態。したがって根ガカリ多発。こんな状態なんで10号がいるんすよね。


が、どうもこのオモリの付け方が違和感がある。




写真のようにアイがタテ付けだと、スナップを付けた状態でオモリを付けると片側に寄ってしまう。果たしてこんな状態でシャくってまともなアクションするかいな?と思っていました。

で、あーだこーだ手持ちのスナップやオモリで試してみるんですが、上手く行かない。アイにスナップで付けるとゴチャゴチャ絡むし...スプリットリングでアイに付けるとワンタッチで取り外しが効かないし...


で、


ひらめいた!



「片方だからダメなんじゃん!」




男なら、男なら、男なら、




やはり両側だ!





キン○マ付け仕様


タングステン・ダウンショットシンカーのダブル付け(7g×2)。コレでカタタマじゃないので男なら安心安定するはず!


程なくウネリも落ち着いて来て、だんだん沖のエエ場所に出れるようになり(水深20m超)、最初のバイト。マジでホっとしました。。やはり2個だと安心(笑)


バランスが取れるようになり、ちょっとコツが判って来たか連続ゲット。オマケにもう1本続きます。船内もポツポツ釣れ出し、船長もちょっと一安心。自ら竿を出しました。



で、船長を見てたんですが、流石に釣ります。スゲーです。あっと言う間に2〜3杯釣りました。船長がやってたのはティップランではなくスパイラル釣法ですね。違いは次回解説しますが、竿にも秘密アリです。アレはボクの竿では出来ないことはないですが、難しいですね。この時ティップランとスパ釣の明確な違いが判りました。

そんなこんなであっと言う間に時間が過ぎ、予定終了。全体の釣果は船中16杯。ボクはコウイカ×1、アオリ×5。
最大600gでした。ちょっとシブかったみたいですねー。



今回船が揺れすぎて、イカを撮る余裕がありませんでした。で、これでカンベン。



コンビニに売ってました。



次回は解説編でーす。
  • hama(2010/11/05 12:24)
    私も先週はティップランをやりに行く予定だったんですが台風のおかげで中止でした..
    しかし、キン○マ付け仕様は大変参考になりました(笑)
  • マサシ(2010/11/08 21:35)
    >hamaさん

    いやー、今週末が楽しみで楽しみで笑

    オモリは次回は多分いらないです。基本的には無いほうが釣れます。前回行ったトコは潮が激流なんでしょうがなく...。

    3.5SDがあればエエ感じがします。

■2010年10月26日(火)  テイップランって?
いやー、ご無沙汰ですわ!ホント久しぶりですね。皆様お元気でしょうか?エギングベストシーズンなのにこの体たらく。そんなあなたのスクイッド@マサシです。


今回はですねー、なんと!ありえないことに!


エギングネタ

です。


し・か・も!



マジ。大マジメでのブログです。


と、言うのはですね、実はエギング初心者講座なんてものがエギング.comには御座いまして、まぁこの講座は元々エギング.com開設時にボクのブログを抜いて貼り付けたものでして、今読み直して見ると、ちょっと時代にそぐわないと言うか...石器時代のエギングだなぁと感じまして。


基本的には間違ってないんすよ。未だにメールで質問して来てくれる方も見えるし、役には立っているとは思うんですよ。


が、最近ちまたのエギング事情はえらく変貌を遂げてまして、なんでも


スパイラル釣法

とか


ティップラン釣法


とかの新しい釣り方があるとの事が判明(と、言うか今更気づいた?汗)


これはマズイと気づいた元祖自称エギング伝道師のワタクシと致しましては、




解説せねばなるまい!



と言う誠に身勝手な痛い使命感に燃えまして、今回のブログになったワケでございます。


で、その「スパイラル釣法」「ティップラン釣法」とは一体なんぞや?てな感じを思っていたら、なんと我が師匠エギンガー大師匠がジギングにハマリまくっている重い腰をどっこらしょ。



「久々にエギング行きましょか!」


てな感じでご連絡して来て頂きまして...イキナリの釣行になりました。


が、そこは百戦錬磨のイカ師弟。新しい釣りに対して、道具も全く何もわからんちんの状態でフィールドに向かうのは三十八式歩兵銃でサブマシンガンに突撃するくらい危険!マジヤバイ!と感じまして、近くのプロショップで一応情報収集。



とりあえず最近のボートエギングは「ティップラン釣法」中心だとの事。水深はディープと言われる10m〜30m程度を狙うらしい。

アンカーリングで船を止めず、流して釣りをする為に重いエギを使うとの事。絶対ではないが、専用竿があった方がいい!との事なので、二人とも専用竿を買うことにしました。


ボクが買ったのは


セフィアCI4ボート S708M-ST





です。お次はライン。ディープで潮の影響を受け易いとの事で0.6号。リーダーは8ポンドフロロ。んー細い。心細い汗

で、肝心のエギですが、ティップラン専用のエギがあるとの事。売れまくっているこのエギ。名前を


「スクイッドシーカー」



と言うらしい。


ヘッドにシンカーが取り付けてあって、キャスティングのエギングでは全く役立たずになるくらいありえない速度でフォールするみたい。これを買いなさいと言われました。

が、この上エギの不良在庫を増やすんかいなと思いましたが、そこは心優しい行きつけショップ。従来のエギで、頭にオモリを付けても大丈夫との事で、オモリを買うことに。で、セッティングしたらこうなりました。





んー、不恰好(笑)


が、船頭によると、恐ろしく潮が速い、しかも2枚潮になってる場所もあるって事なので、オモリは10号を用意しなさいと...



10号?10gじゃなくて?





ありえん....




これではまるで伊勢湾のタコ釣りのようです汗 不恰好を通り過ぎてはたしてこれはエギングなんか?いや、それよりあんなペナペナのティップランの竿でシャクれるんかいな?

不安と期待と痛いが入り混じったアンニュイな気分で当日を迎える事になりました。



今回はここまで。次回!実・釣・編!
  • やっすー(2010/10/28 00:03)
    続きはまだですかぁ〜?笑
  • マサシ(2010/10/29 12:46)
    誕生日休暇につき、週末となります笑

過去ログ 2004年09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 08月 10月 11月 
2010年02月 03月 04月 07月 08月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 08月 

【NeverSummerBLOG】
NewYork USA Boss OneSelf

琵琶湖バス情報 NeverSummer