.nbtnc{ display:none; } NeverSummerスクイッド
NeverSummerスクイッド

■2006年10月31日(火)  エギングツアー
さて、行って参りました!アオリイカツア〜、題して

第一回
「ネバーサマー抱かれたいオトコNo1決定戦!」

決戦の場は太平洋某所。エントリーリストはイカの通り

ご存知、某「琵琶湖PASS情報」管理人
ヤッスーさん

同じく琵琶湖PASSガイド。エギをネットで大人買い♪
たつきちさん

自家製の刺客が米国で奮闘中!最強の遺伝子を持つダンディなオヤジ
喜多さん

イカから生まれたイカ太郎。前世は間違いなくアオリイカ
エギンガー大師匠

この人には教える事は何もないでしょう!でも筏に後席はないのよん♪
バックリ師匠

今回唯一のイカ童貞。やっぱり放置プレイは苦手なの?
裏BOSS塾長

体力には自身あり!陸でも海でも乗るのは大好き♪ご無沙汰でした
すってんてんさん

ただ今破門中。甘く無いぜエギング道!頑張れ元一番弟子
マ〜シュさん

そして

目標は皆に抱かせる事。風俗じゃないのよ御代は結構!エギング界の手配師
スクイッド@マサシ

の合計9人です。

土曜夜中2時過ぎに某PAにて集合。今回10人予定でしたが、急遽キャンセルの方がみえて4人+5人での出発。岐阜車と愛知車にわかれて一路太平洋を目指します。

いつもの渡船屋さん到着。今日は大賑わいです。で、今回は渡船屋さんにムリを言いまして、筏を貸切し、ここを基地?にしてレンタル船で交代交代に出撃と言うプランです。

大きい船に乗せて頂き、全員筏に上陸。が、荷物が別の船なので、ゴールデンタイムに筏で丸腰放置される9人(笑)。
投げたいぞー!と言う気分の中、荷物船到着。早速セッティングしてミーティング。最初は全員で筏でシャクって見ようと言う意見がでまして、船を出さずにエギングスタート〜。

今回エギングが初めてと言う裏BOSS塾長の横に陣取り、取り合えずコーチング。やはり文字だけではエギングを説明理解するのは中々難しいと思われる中、なんとか童貞脱出をして頂こうと思っていますが、見えないプレッシャーが邪魔をします。

んじゃ、取り合えず見て頂こうって事でボクも竿を出します。
んで、こうやって...ああやって...こうだから...で....うん...
と皆に説明しながらやっていると、エギのフォールがストップ。


あ、来た来た〜♪


よっ!と合わせると小ぶりながら本命のアオリイカゲット〜!

おお!っと上がる歓声と、その歓声に包まれ気持ちいいオレ(笑)

主演マサシ+助演アオリイカでの台本があったような完璧なキャッチ。ご鑑賞ありがとうございましたー(笑)


さぁ、ここからは皆の番ですよ〜って事で、今度は喜多さんのコーチング。見たところ、完全な初心者ではないのでそれなりに出来てます。が、ちょい気になるトコがあったので、そこをこうしたらイイっすよ〜ってアドバイスしたところ直後


来ました〜(嬉)



と喜多さんキャーッチ!


スゲェ。完璧だ。完璧すぎるぞオレ!(爆)生徒が優秀だと講師は楽だ!(笑)
ここで皆にも火がついたかレンタル艇の1番手が出船。一路沖へ急ぎます。ボクは残って別のサカナの方向性を探りつつイカもタマに狙いますが、アサイチ以外はなぜかアタリが遠のきます。
あれからヤッスーさんが一杯キャッチ。ボクが一杯追加のみ。うーん、やっぱ筏は休憩場所だね〜って事でキスやらガシラ狙いに完全シフト(笑)

ガシラやキスやら釣っていると、喜多さんが「追ってきたー!!!」って何やら言ってます。どうやら青物がメタルジグ(笑)にチェイスしてきたようで、ピックアップ再キャスト!


「来ました!」


ナゼかベイトタックル使っている喜多さん(驚)あっと言う間に寄せて見事キャッチ!


(見事筏からハマチをゲットした喜多さんと「後なら釣れるやろ〜」と筏上で強引にバックを取り漁夫の利を狙うバックリ師匠)


ちょっとビックリのハマチをキャッチ!おお!筏ってすげーおもろーい!笑


ここで第一陣帰着。状況を確認するとかなりタフコンって話。これを踏まえて第二次攻撃隊が別エリアを探りに出撃。
筏ではガシラ爆釣組まったりおやすみ組に分かれました。当然ボクはまったり組でおやすみなさい...。


次回第2部です。
  • 喜多(2006/11/01 09:36)
    マサシ師匠、カッコ良すぎ〜。ほんと、オーッと歓声があがりましたもんね。
    師匠の的確なアドバイスのおかげで2番イカをゲットできました。ありがとうございました。チョット分かったような・・・でも、今一つわからん・・・。
    それにしも、ハマチの体型よりも、私の腹の体型の方が気になる・・・
  • たつきち@琵琶湖PASS・・・笑(2006/11/01 12:26)
    ナイスなエントリー紹介!爆笑っすわ〜。
    あの快感たまらないでしょ!・・・あれが有るからワタシもPASS?ガイドを続けてます。ガイドたる者自分で釣れることも証明出来て初めて【あの一言が発せられます!】っと・・・おっとっと。。。
    >>喜田さん
    書かなければ誰も気づきませんよ!思わず↑に戻ってしまいました!爆
  • 裏B(2006/11/01 13:16)
    ですね〜マサシさんかっちょえ〜(DEPS奥村風)
    ガイドってあんなに緊張するんですね(爆)めちゃ集中してましたよ。本当に感謝してます。
    >>喜田?さん
    あっしも↑に戻りました 爆爆
  • マサシ(2006/11/01 23:20)
    >喜多さん
    いやー照れますねぇ笑 でも、喜多さんのハマチもカッコ良かったですよ!まさかベイト持って来るとは思いませんでした爆
    イカは良くわかんないです?ボクも反省点が多々...

    >たつきちさん
    そうそう!ガイドさんの気持ちがよ〜くわかりました!やっぱウンチクだけじゃなく実地で見せないとね〜。
    あ〜..しかしホッしました...汗

    >塾長
    おめでとうございました!ボクも喜び一杯です!
    これで合宿の恩返しが出来ました?笑 朝はほとんど地に足が付いてませんでした爆

■2006年10月23日(月)  エギング講座・蛇足
みなさんこんにちわ。


もうすぐ11月ですね。今年も残り少なくなりました。本当に


あっ!


と言うまですね。来週から少し気温が下がるようです、皆さんもお体に気を付けて釣りを楽しみましょう。ええ、ご想像の通り今回は前フリネタが無いからこんな出だしです(微笑)

さて、三回に渡って解説してきた「エギング講座」。今週末にはとっても楽しみなツアーがありますので、その前に最後の講座です。

前回の講座で

『よく言われる2段とか3段とかハイスピードピッチジャークとかははっきり言ってどうでもいいです。と、言うと誤解があるかも知れませんが、「初めの頃は確実に正しくフォールさせる事に集中する。」これに付きます。』

と言ってましたが、今もその考えは変わりません。

が、どうせだったらと言う事で、ついでに「シャクリ」について書いてみましょう。

シャクリはなぜ必要か?そうですね、簡単に言うとイカに対するアピール。フォール+ステイの「静」に対しての「動」。シャクッて気付かせイラつかせ、フォール+ステイで食わせる。そんな一連の流れがエギングです。
(以前にも書きましたがおさらいの方向で笑)

で、シャクリの仕方ですが、実際にシャクってる映像なんかを見たこと無い方にはさっぱりわかりませんよね?
バスフィッシングで言うと、ロッドティップを下げてのミノージャーク。アレに似てます。ジャークしてストップ、食わせのタイミングを与えてやると「ゴン!」って食いますよね?あれに近いですね。

ただ、バスと違ってイカはジャーク中には食いません。あくまで食わせの間を与え無ければなりません。

タマにこんな方がいます


「3段シャクリの2段目をシャクったら食った」


そんな事は滅多に無いです。この状況を解説すると、多くは一段目にもう既にイカはエギに触手を付けてる状態なんです。イカと言う生き物は、エサを見つけたら触手と言う2本の腕を出してエサを捉え、それから一気に他の手の内に引き込むんです。
だから、2段目のジャーク動作中にバスみたいに食いついたのではなくて、既にフォールorステイ中に触手で触っていて、1段シャクリ目で逃げようとしたエギには触手でチョッカイ出している状態。で2段目シャクリに移る途中の「間」でエギを抱かえ込むんです。だから2段目のシャクリ中に食いついたと錯覚するんです。こう言う事が殆どですね。

ボクはエギング始めた最初の頃は、確かに3段シャクリの2段目で乗った事もありましたが、もう今はそんな事はまずないですね。
全てフォールかステイ中に触手による僅かなアタリを感じて、送り込みながらフッキングの体制に入ってます。「ジャーク中のアタリ」と感じている人はフォールステイ中の触手によるアタリに気付いていませんね。だからそのまましゃくっちゃって、運悪くイカの足だけが切れて釣れてきちゃうことがあるんです。


シャクリの話に戻ります。

1段、2段、3段とか、HSPJ(ハイスピードピッチジャーク)とか色々ありますが、反応するシャクリは千差万別。その日によってマチマチ。こんなことはバスフィッシングでも一緒で、色々探りながらやるのが楽しいですよね?と、言う事で解説はしません。釣りの一つの楽しみを取り上げちゃマズイですよね?笑
ちなみにボクは3段が多いですね。

そしてシャクリのスピード。食わせの間だけしっかり取れば、かなり速くても問題ないです。なれるまではぎこちなくウマク行かないとは思いますけど。今度の遠征にご参加される方々はボクのシャクリを是非見てください。

「え?そんなんでいいの?」

とビックリするかも。それ程大した事やってませんから(笑)


では、シャクリを別の角度から。


今年の琵琶湖で大流行した釣り方がありました。そうです


「ハネラバ」



ですね。

ま、簡単に言うと、ラバージグを中層でバシバシとロッドアクションで高速で跳ねさせて、リアクションバイトを誘発させるって言うテクニックです。

このテク、ボクも50UPを含め、何本か釣りましたが、キモはラバジを跳ねさせてリアクションで誘った後のフォール、そしてステイだと思います。
食う「間」、食わせのタイミングを与えているんです。ルアーアクションのメリハリですね。

これはエギングと同じことだと思います。現にボクは今年の「野尻湖遠足」でラバージグでスモールをエギングチックに誘ってカケたし、某管理人さんはエギングのシャクリからテクを逆輸入。ラバジでグッドサイズを釣ったと言ってました(笑)。


色々長く書きましたが、言いたい事は「エギングは難しくない!」って事です。やってることはシャクッて待つだけ。
これだけの事です。バスと違ってルアーで色々悩む事もないし、テクもそう大して特別な事は要りません。
最初は誰もが初心者ですが、秋に数釣りして場数を踏めばすぐにあなたもベテランエギンガー(笑)

ま、とにかくフォールドへ足を運び、イカを沢山釣りましょう!
  • 激海おやじ(2006/10/24 18:22)
    『喰わせの間』は、どんな魚でも共通していると思いますね。
    サスガ、俺の師匠!!
    ジギングツアーでも教えることは無いですわ(^_-)-☆
  • 裏B(2006/10/24 19:46)
    テンションだけが上がりまくってます…
    早く来い来い日曜日♪
  • マサシ(2006/10/25 22:35)
    >激海おやじさん
    いえいえいえいえいえいえ!ジギングは右も左も上も下もわかりませんのでお願いしますわ!ムチャ楽しみ!

    >塾長
    天気も良さそうですね〜。宴会になると思いますんで、笑えるネタお願いしますねー笑

■2006年10月18日(水)  エギング講座
遅くなりましたが、秋の長浜港大掃除にご参加の皆様方、お疲れ様でしたー。
NEVER SUMMERでは年間2回ほど清掃作業を実施しておりますので、今回残念ながらご参加出来なかった方々も、次回以降お時間があったらで結構ですから、参加してやって下さいませ。

今回の清掃作業ですが、なんと!文字通り大物ゲストもご参加して頂けまして、感謝感激であります。
また、かわいいゲストのご参加もありました。そう、『赤色のおっちゃんのワイパーが全部立っていたこと』に大ウケしてた管理人さんの甥っ子さんです。


その甥っ子さんですが、清掃中の会話で...


管理人さん
「このおにいちゃんねー、イカ釣りウマいんだよー」


甥っ子君
「ふ〜ん...じゃ、魚釣りわぁー?」



「う........」



ホント子供は怖いです。時々内角をエグるような魔球を投げて来ます。
こんにちは。そのうちデカくなったらイカ釣りで凹ませてやるー!と堅く心に誓ったスクイッド@マサシです。


さてさて、そんな事は置いておいて、前回の続きです。

「イカはどうやって釣るか」

です。


「シャクってほかって置けば釣れてますよ〜。簡単ですよ〜」

えー、某管理人さんが某船長さんにアドバイスしたお言葉です(笑)。


まさにその通り!!!

今までもボクのブログではエギングの仕方を解説してきたんですが、正直言ってこれ以上文章で解説する事がないくらい簡単なんですね。

でも、ひょっとしたら「言われた通りやってるけど釣れない!」って方が見えるといけないので、少しキモ的な事を書きたいと思います。

しつこいようですが、エギングの最重要ポイントはフォーリングです。すでにエギングを始めてて釣れない方、フォールってどうしてます?着水したらマジでほかって置くだけです?それはちょっと違います。キーはです。
潮の流れの速度と方向を見なければなりません。エギはまっすぐゆっくりと、そして姿勢が水平に近くなるようフォールさせるのがバイトへの近道です。

でも潮って右からとか左からとか沖からとかってのもありますよね。で、どうするか?そうなんです。真っ直ぐ潮に馴染んで落ちるようにラインテンションで誘導してやるんですね。

例えば左右どちらからか潮が流れている時はキャスト→フォールさせたら、ラインを送ってやってドリフトさせて出来るだけエギの正面から潮が当たるように方向を近づけてやるとか、沖から手前に潮が当たってる時は、そのまま放置するとラインがたるんでシャクっても跳ねなくてアピール出来ないんで、ゆっくり竿を立てながらラインテンションを張って落としてやるとか、はたまた逆に岸から沖に潮が退いている時は少しラインを送ってやって水平に近くなるようフォールさせてやるとか。
ヒュー!って速攻で落ちていくのではなく、ゆったりと「スーーーーーーッ」って落ちていくようコントロールすることですね。

もちろんコレには先にも書いたように、エギの重さ(=フォールスピード)をセレクトして、調整してやらなければなりません。
ここらへんは慣れと言うかカンですね。釣りカンです。

先日、管理人さんと出た「船長さん」「バックリさん」が初めてにも関わらずウネリがある悪条件の中、結構釣ってましたよね?
あのお三人は色々な釣りを経験して来た結果、釣りカンがナチュラルに備わっているんで、

「ホットケって言ってたけど、多分こんな感じなんだろうなー」

と自分なりにエギのフォールを理解して、ボクが解説する前にこう言うことが意識的に出来ているんでしょうね。ですから管理人さんのあのアドバイスは釣りのベテラン同士だから出来る会話です。釣り自体初めての方にだったらホント何も考えずにホットケしそうですもん(笑)

そしてシャクリ。
先日TVを見ていましたら、初心者のネーチャンがエギングしてました。ま、先生がついていたんで、ほぼサイトでそれなりに釣れていたのですが、気になったのはシャクリ。それはイカの存在を意識してシャクっているか?って事です。

変な話ですが、どうも釣れないっていってる人に限って「惰性でシャクッてる」気がします。イカが見てるって思っていない感じですね。
イカってアホーなんで、動くものにかなり敏感に反応します。ネコみたいな感じです。だから、常にエギの傍にはイカが付いてるって感じでシャクるのが必要かと思います。

あと、これはボクの友人が言ってたことですが、『「食え!食え!」と思ってシャクっても釣れない。「うわー!食われる!逃げなきゃ!」って感じでシャクると釣れる。』と言ってました。ちょっと抽象的で判りにくいとは思いますが、恐らく実釣するとこの言葉は理解して感じて頂けると思います。これは騙しのテクニック。エギと言う疑似餌で騙して、さらに動きで騙す。あたかもエサが逃げてくように。
そうするとイカ興奮度がさらに増幅して食らいつくんです。皆も一緒ですよね?逃げる女性を追いかけたくなる男の悲しいサガは(笑)。

そして、よく言われる2段とか3段とかハイスピードピッチジャークとかははっきり言ってどうでもいいです。と、言うと誤解があるかも知れませんが、

初めの頃は確実に正しくフォールさせる事に集中する。

これに付きます。シャクリなんてのは、イカの存在を意識さえして頂ければ、普段バスフィッシングをされている方々には何てこと無いテクニックです。
我々はバスフィッシングからエギングへシフトしてるので、極めてイージーだと思います。共通する部分がかなりありますからね。


修行中のボクが言えるのはこれぐらいです。そして大師匠も言われていた事なんですが、とにかく数釣りをする事。数をこなす事によって色々なものが必ず見えてきます。
サイズうんぬんと言うのは数がわからないぐらい釣れてからです。最初はとにかくフィールドに足を運ぶこと。それからボートエギングに行ってください。

「あいつら釣れるのはボートからだもんな〜」

と、言われる方も見えるとは思いますが。その通りです。だからボートに乗りましょ!もちろん安全には充分に気を付けて下さいね!ライフジャケットをお忘れなく!


と、言う事でこのブログですが、皆がやってない事をいい事に、かなり独り善がりに出来てます(笑)まぁ、ボクの経験上の話が全てですね。
ボクはイカ関係の雑誌とかは買わないですから、人が解説してる文章なんて知りません(笑)。あくまで、大師匠に教わって自分なりに理解(師匠、合ってます?汗)した感じを説明してるだけです。だから、プロ?の方が当ブログを見て、もし上の解説に誤りがあったら


メール下さい!(嘆願)


速攻で書き直しますからー!笑




今回なげーな...。
  • エギンガ(2006/10/18 22:13)
    お見事。
    これを実践してマ〜シュさんは格段に上達しました。(笑)
  • やっすー(2006/10/19 05:46)
    すいません。
    生意気な子供で。笑
    さて、何時もながらに濃密な内容。次回の釣行時の参考にさせていただきます。

    そして・・・。

    2周年。おめでとうございます。そしていつもありがとうございます。
  • 激海おやじ(2006/10/19 21:38)
    いや〜非常に勉強になりますわ(^_-)b
    まだまだヘボいんで、参考になりますm(_ _)m
  • マサシ(2006/10/20 00:19)
    >大師匠
    どうすか?こんなとこで〜^^;
    キモって言えばキモですし、もっと色々書かなくちゃいけない事もあるとは思うんですが...ありきたりの事買いてもね〜と思いました汗

    >やっすーさん
    いえいえ、目元がとっても叔父さん似だし元気でヨロシ!笑
    参考になるかどうかはわかりませんが、全くハズレでも無いはずと思ってます。週末頑張って下さい。
    と、そういや2周年ですね。ありがとうございます。ここまでハマるとは思いませんでした。あ、もちろんブログでは無くエギングにです爆

    >激海おやじさん
    なります?笑 エギングってタックルも釣り方も単純簡単なんですけど、奥深いですよね〜。でも考えすぎも良くないですね。今回書いた事は何時も自分に言い聞かせてます。「慌てるな焦るな集中しろ」ですね。
  • バックリ(2006/10/20 00:55)
    身近なところに諸先輩方がいらっしゃるってことは良いことだ〜!
    上達への近道ってヤツですね。
    エギンガさん秘伝の技も見てみたい&真似てみたい&そっと教えて欲しい(爆)
  • マサシ(2006/10/20 01:17)
    >バックリさん
    師匠のシャクリは独特と言うか「間」に秘訣があるような気が...いつも勝てません。
    田辺プロのエギングに似てますね。ソフトな感じが。

■2006年10月12日(木)  エギング講座
いや〜我が中日ドラゴンズ!優勝おめでとうございます!!!


思い起こせば3年前。当時の山○監督から次の監督は誰になるの?と大騒ぎされていた頃、チマタでは「○松じゃないのか?」とか、「ひょっとして宇○?」「いや〜シャレで坂○英二やろー」とか言われてましたが、このワタクシ、発表前に某秘密ルートより「落合に決定!」と聞かされてまして、


「それはアカン!巨○に行った裏切り者!」


と思っていたんですが、この三年間で1位、2位、1位...



「大変申し訳ありませんでしたー!汗」


「名選手名監督にあらず」と言う言葉は嘘!と感じている今日この頃。皆さんいかがお過ごしですか?
昨日ジャスコの優勝セールで紳士服20%OFFに飛びついたイカゲルゲですこんにちわ。


さて、お待たせしております前回の続き。エギについてです。

最近のエギングブームで本当に色々なメーカーから色々なエギが出てますよね?

「あんなけ種類があると迷ってしゃーない!どこのなんてエギが良いの?」

と思われることでしょう。

結論から申します。



どこでもエエです笑



ある程度の有名メーカー品でしたらどこでも良く出来ています。代表メーカーの「ヨーヅリ」「ヤマシタ」「ブリーデン」あたりを買っておけばまずマチガイないですね。


メーカーはお好きなメーカーで...と言っておきますが、初心者の方々の為に少々アドバイス。

それは


「初めは、気にいったエギの種類(メーカーとタイプ)を一つだけ決めてそれしか使わない


って事です。これは我が師匠「エギンガーZ」さんに教えられた事なんですが、これはかなり重要です!

と、言うのは、エギってメーカーの違いではモチロンのこと、同じメーカーでもタイプによって、沈む速度や角度が当然の事ながらマチマチなんです。エギングを始めた頃はスローフォールするエギが一体どこらへんにいるのか全くのノー感じでして...。1種類に絞ってそのエギの動きや沈み方やアクション(特性)を理解しようって事なんです。

色々なエギをとっかえひっかえ使っていると、今沈んでいるレンジは何メータか?とか底を取っても藻なのか砂なのかイカのアタリなのかさっぱりわかりません。我々はバサー上がりなので、色々なメーカーを使いたがる気持ちは痛いほどわかりますが(笑)ここは我慢して下さい。
じゃないと、エギの状況を理解してなくて「なんとなく釣れてしまった」と言うとっても面白くない事態にハマってしまいます。
やっぱり、

「釣れたんじゃない!釣ったんだ!」

と言いたいですからね(笑)

さて、文字ばかりなので写真をここで一つ。




ぼくが所有しているエギの一部です。ちなみに安くて良く動く「ヤマシタ」派です。

今の時期は3号と3.5号があれば充分です。使い分けですが、これが結構微妙でしてね。イカのサイズが小さいからエギもサイズダウン...ってわけではないんです。結構イカって獰猛でして、デカイエギでも平気で食ってきます。

重要なのはフォールスピード。
当然3.5号の方が早く沈みます。エギはゆっくりフォールさせるのが基本なんで、普通は3号でいいの?って思っちゃう人が出ると行けないので解説しますが、海には潮の流れがあるんです。
ここがサイズを選ぶキモでして、その時の潮の状況で、横に流されるような軽いエギは×。早く沈みすぎるのも×。あくまでスローに潮に馴染ませながらフォールしていくってのが重要です。号数はその時の状況によってセレクトしましょう。
ちなみにロッドの捌きで調整する事も可能(と言うか毎回しなきゃいけない)ですが、これは次回に解説します。

さて、色です。

基本カラーは次の通り



背ピンク/金テープ      背ピンク/虹テープ


背オレンジ/金テープ     背オレンジ/虹テープ



以上です。これら4色×2種類の大きさの計8個あればまず間違いないです。これにプラス一個のみ自分が「これだ!」と思う色を追加して下さい。釣りって意外に自分の思い込みが重要なんです。それを信じて投げる。釣れると自信になります。でも、最初は一色だけにして下さい。色々あっても悩むだけ。ボクなんて持ってるエギの殆どがピンク色です(笑)それでも充分釣れてます。

プロの中には「1サイズ(3.5号)、2カラー(ピンクorオレンジ)」なんて極端な方も見えますが、ま、そこまで突き詰めなくても...とも思います。せっかく色が色々あるので、釣る事に慣れてきたら別の色を試してるのもいいんじゃないでしょうか。でも、とりあえずベーシックカラーで最初は行きましょう。

ちなみにエギングにハマっている人は大抵「シークレットカラー」みたいなお気に入りの色がありますが、ボクのは当然上の写真には含まれておりません(微笑)。皆さんも回数行くようになって来たら、自分なりの「シークレットカラー」を発見してくださいね(笑)。

次回はいよいよイカの釣り方に入り込んで行きたいと思います。
  • やっすー(2006/10/13 06:24)
    すいません。
    頂いた教えを無視しているわけではないのですが、欲望に負けてあらゆるカラー&種類のエギが増え続けているダメ弟子です。

    でも確かに自分の中で使いやすいエギというか基本となるエギはなんとなく出来ました。
    カラーについては只今いろいろと物色中です。
    ただ・・・。気が多いもので。笑
  • 激海おやじ(2006/10/13 21:16)
    シークレットカラーは、買いだめが基本です!(大爆)
  • Storm(2006/10/13 21:55)
    ボクは『赤テープ』大好きっす♪
    あの水に馴染み始めた頃合いが最高にビビ〜〜ンときますわ。赤以外では『シルバーテープ』もオキニかな?何と言っても1.3訴甞佑靴燭痢銀ギラギンのやつでしたもん(^^) 釣れりゃ、それがMy Favoriteになっていくのは、バスでもソルトでも一緒ですな(^^;;;;
  • マサシ(2006/10/13 23:10)
    >やっすーさん
    いえいえ、上記はあくまでこれからエギングを始める方向けのセレクトなので、もうすでにハマっている方には関係ないっすー!心行くまでエギに埋もれて下さい笑
    あ、そうそう、この前の「お気に入り」のエギ、マジで「効く」そうです。ボクも買おうかな?笑

    >激海おやじさん
    基本ですね!笑 ボクのシークレットカラーは中々売ってなくて...塗ろうかな?笑

    >Stormさん
    そうそう、ホントは赤テープも入れたかったんですが、初めて行く方にそんなに色々薦めてもと思いまして...でも背○色/赤テープはシブイ時に結構エエんですけどね〜。
    ボクはシルバーテープはダメっすね。何故か釣れません汗
  • たつきち(2006/10/14 00:13)
    やっぱ、裏切り者〜!って思いますよね。。うんうん。笑。
    ところで、ワタクシ、一回行っただけですでに欲望に負けております。。昨日も楽天ナチュラムで・・・ボソボソ。
    しかし、マサシさんのブログはやっぱ最高っすね〜。フラフラ〜っとエギ関係のHPなんかも見て周りましたが、やっぱマサシさんブログがオモロイ&解り易い&何故か読んでて落ち着きます!?笑 思わず過去ログ読み漁りましたよ〜。今までエギ関係は失礼ながらサラ〜としか見てなかったんで。スマソ。 思わず、この前の釣行前に見とけば良かった!って思いましたね〜。大変為になりました〜。パート3楽しみにしてます〜
  • マサシ(2006/10/14 21:58)
    >たつきちさん
    いや〜、かなりキテますね!笑 そこまでハマるとは思わなかったです。え?モチロン僕のブログに(爆)
    一応、当ブログは「バサーの為のエギング講座」と「バサーからエギンガーへの転落人生」を題材にしております。わかりやすいでしょ?笑
    にしても褒めすぎです!何にも出ませんよー笑。

■2006年10月08日(日)  エギング講座
いや〜せっかくジギング初体験出来る予定だったのに、お約束の台風。しかも今回は力と技のダブルタイフーン泣 イカんがね〜って事でこんにちは。仮面ライダーが大好きだったショッカーの刺客、イカデビル@マサシです。


さて、管理人さんのブログ掲示板にもあったように、太平洋某所へエギングツアーに行く事になりました。


そこで!

おさらいです。題して


「脱童貞!抱かぬなら抱かせて見せようアオリイカ」


エギング初心者講座です。

以前にも解説したのですが、ココでまとめて解説いたしましょう。

まずはロッド

出来れば8ft以上の専用竿。PEを使うので、ガイドはPE対応のモノが良いです。普通のガイドだと風で絡み易いですからね〜。んじゃバス用のスピニングじゃムリなの?って事ですが、無論出来ないことはないです。
が、8ftくらい無いと、シャクリでエギの高さ(つまりフォール時間)が出せないので、バイトは減ります。どうしてもって方はバス用でもどうぞ。止めはしません(笑)。そして釣果も楽しさも保証しません(爆)

そしてワタクシ、エギングロッドは相手が所詮軟体動物なんで、初心者に4万もするものは贅沢品という事でお勧めしませんです(笑)
いきなりそこまで行かずに、今まで同様、「がまかつ・コーストラインEGチューン 」や、「オリムピック・カラマレッティ」メジャークラフトのトリプルクロスなんかを実売2万程度なのでお勧めしてるんですが、エギングロッドは日進月歩。

最近のお勧めロッドは以下の2本。

エギングは1年に多分数回くらい。エントリーモデルで充分って方はこちら

メジャークラフト「CROSTAGE EGING TYPE」




エギングは多分ハマるだろうなぁ...ちょっとエエヤツ買っとこか!って思う方はこちら

メジャークラフト「RAYCAL」



特にこのライカル。スゴイっす!ボクが次に買う竿はコイツですわ!持てば瞬間的にわかるありえないほどの「軽さ」!そしてイカに違和感を感じさせにくい「しなやかさ」!そしてこの性能なのに実売価格がなんと2万程!完璧です!
メジャークラフトさん、早めにホムペ更新して下さい!(笑)
(ワタクシは別にメジャークラフトさんからスポンサードは受けておりません。エエもんはエエ!って主義なのでご安心を笑)

さて、リールです。リールはたいした解説はありません。バス用の流用で結構です。2000〜3000番クラスで充分行けます。秋イカなので、大した大きさにもならないので、ドラグ性能もあんまり求めなくて結構です。
専用を購入予定の方にアドバイスとしては、深溝でダブルハンドルを購入すること。この2点のみです。
なぜ深溝か?PE0.8号なんで、浅い溝でも行けますが、海に行くんです。何が釣れるかわかりません(微笑)
メタルジグを遠投したりするかもしれないので、PE+下糸を100m以上巻ける物を用意した方がエエと思います。
そしてハンドル。エギをリズミカルにシャクるにはシングルではやり難いです。ダブルハンドルが良いです。それにシングルだと、エギをステイしている時にタマにハンドルが動いてエギが動いちゃう事があります。コレを防止する為にはダブルハンドルが一番ですね。

次はライン。PEが良いです。太さは0.8号が標準。一号だと太すぎて風の影響大。0.6号だと細すぎてサバき難いです。ライントラブルの元になるので、0.8号にしときましょう。
メーカーですが、ボクはバリバスのアバニが多いです。
理由はバリバスだから(爆)と、言うのは冗談ですが、アバニは痛み難いって感じは受けます。長期間無交換で使えますね。高いですが、安いのを何回も変えるのとそう差は無いように思います。バスのスピニングと違う点はここですね。バス用のフロロなんかは安いのを何回も巻きなおした方がいいですが、PEは拠れないので巻き直しはさほど必要ありません。ですが、安いPEはほつれてくるので、やっぱ良いラインを使った方が結局はお徳かも。ま、初めの頃はなんでもエエと言えばエエですね。
なぜPEを使うかってのはここを見ていただければなんとなくわかりますので、ご参照下さい。
あ、そうそう、絶対にフローティングPEを買って下さいね!サスペンドPEはエギがホップアップしないっすよー。

さて、お次はリーダー。フロロ8ポンドがベストだと思います。5ポンドでもやれますが、エギのロストが痛いのでせめて8ポンドと言う事で。専用のリーダーは買わなくてエエですよ!アレは高いですから。安いフロロで充分です。

そしてこのPEとリーダーを結ぶのが厄介。基本はノーネームノットってヤツで結びましょう。早くて丈夫です。
どうしても出来ない方はバスでお馴染みの「ユニノット+ユニノット」「ダブルクリンチ+ダブルクリンチ」でオッケーです。ですが、結び目がデカくなりますし、強度も対してありません。ノーネームノットを練習して下さい。

そしてそれ以上を求める方、オレは縛るのが好きだ!って方はFGノットで結びましょう。
ジギングなんかだとこのノットなんですが、エギングはラインが細いので、慣れないとかなり厄介です。でもこのノットに瞬間接着剤を使用すると最強です!エギのロストが少なくなり、リーダーも結び返す回数も減るので釣り場でかえって手間が減ります。お家で結んでおくのも手ですね。ボクはFGで結んでます。
長さですがフタヒロ(2〜3mほど)取って下さい。理由ですか?大師匠に言われたから...笑
ま、エギの動きにも影響を与えるんですが、キャストの際に結び目が指を掛けるトコよりエギ側にあると、キャストでエギがふっとんで行ってしまう事がタマにあります。リーダー部分を2〜3回スプールに巻き込んでいる状態でキャストするのがベストです。

とりあえず今回はここまで。が、肝心なものが抜けてますね。そうです。エギです。エギの解説は次回にします。
他になにかご質問ありましたらメール下さい。
  • からりん(2006/10/08 19:22)
    なるほど〜、初心者の私にはかなり勉強になりますッ。
    結び方のノーネームノットを練習しなくては…(汗)
  • 琵琶湖大スケ(2006/10/09 23:19)
    どんも〜童貞卒業するぜぃ!と気合いだけ空回りしそう…ところで、今回は船なんすか?オカッパですか?
    船でも8ftいりますか?
  • 激海おやじ(2006/10/10 19:33)
    俺、縛るの大好き♪(笑)
    どのノットも、締め上げるときは、『ゆっくりと』を心掛けると
    エエってのを付け加えるとエエですね(^_-)-☆
  • マサシ(2006/10/10 20:20)
    >からりんさん
    結構ややこしいですよ〜。PEとリーダー結ぶのは。
    何事も練習練習です。

    >裏BOSSさん
    えっとね、筏なんですけど、同時にレンタル船も借りてますんで、筏をベースにして船で交代交代にアチコチ行きます。船でも8FTは要ります〜。

    >激海おやじさん
    そうですね。「ゆっくりと」がキモですね。でも付け足して言うなら「濡らしてゆっくりと」ですね爆
  • 激海おやじ(2006/10/10 22:34)
    『ぺろっ』とね♪(爆)

■2006年10月01日(日)  狙えヒラマサ!
皆さんごきげんよう。お疲れ気味のスクイッドです。


さて、今週末は珍しく釣りと仕事はお休みです。まぁ毎週毎週釣りに行く気力も最近は失せてきまして、一日TVを見て過ごしました。

が、来週は違いますよぉ〜!なーんと初めての体験をする予定なんです!
なんだと思います?それはちょー本格的な



ジギング



です!


実はですね、激海おやじさんが通っている「三国」方面のジギング船に乗って、ブリやあわよくばヒラマサを狙ってくるんですね〜。

ご一緒してくれるお方はモチロン激海おやじさんと、やはりこの人「エギンガーZ大師匠」。実は大師匠、夏場に九州でジギングを体験してきたそうです。もちろん釣りと名が付けば必ず結果を残す大師匠ですから、カンパチをゲットしてきたそうです。

って事で完全無欠な初心者はワタシ独り...道具もわからんし、どうすべー、と思っていましたが、レンタルタックルがあるそうなんで、取り合えず一安心。
が、ルアーを用意せねばアカンという事。さっぱりなんで激海おやじさんに買ってきてもらいました。




買ってきて貰ったジグです。

ジグは100g前後が多いそうです。ま、水深に合わせてって感じでしょうか?100gのジグと言えば、コイツも登場。





以前、友人がハワイで買って来たお土産ジグです。遂に日の目を見る事が出来ました!M君、コイツで釣ったら魚を持ってくでー笑


それから、やっぱルアーマンなんで、数個のジグでは不安。で、買いに行くことになりました。




右側は中古屋で買ったジグ。左側は某釣り具店で薦められて買ったジグです。
実はこの釣り具屋さん、中学の頃からのお付き合いでして、もう25年になるんかな?で、先日、覗きに行って、「今度ジギング行くんですわー」と行ったら、薦められたのがこれらのジグです。

ルアーは揃ったけど、イマイチ不安感が抜けないこのボク。それを店長さんに言ったら


「大丈夫、大丈夫!多分○○君なら意外にあっさりと釣っちゃうような気がするな〜」


と、乗せられました(笑)


「そうです?でも、結構難しいんでしょ?」



「んー、確かに全くダメな日もあるけど、今はイイ時期だし、一回釣れちゃったら病み付きだよー」



「で、ハマっちゃって道具まで行っちゃうんだよね〜オレ(笑)」



「ウン。○○君なら間違いなくハマると思う!」



と、断言されてしまいました(笑)


さぁはたしてどうなるか。来週末がとっても待ち遠しいです。


おまけ

ここのお店はとってもお世話になっていて、こんなものを頂けました。




酔い止め(笑)前回のマ〜シュさんにならないように気をつけま〜す(爆)
  • 激海おやじ(2006/10/01 09:40)
    間違いないでしょう!!(爆)
  • マ〜シュ(2006/10/01 21:05)
    まんず間違いないでしょう、そのおまけ!(爆々!!)
    がんばってくださいね〜
    ぼくは海外逃避してまいります。はぁ、むしろそっちへ行きたかった…泣
  • エギンガ(2006/10/01 21:21)
    お互い病気になるかも。
  • マサシ(2006/10/02 22:44)
    >激海おやじさん
    間違いないっすか!笑 なんとか天気は良さそうですね!あとは風か...

    >マ〜シュさん
    気を付けて行って来てくださいね〜。マ〜シュさんの分も釣っておきますわー。
    あ、お土産はエエっすよ!お土産は!(←クドイ!爆)

    >大師匠
    頑張りましょう!あんなブリブリなブリはムリとしても、何とか一本は釣りたいっすね!

過去ログ 2004年09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 08月 10月 11月 
2010年02月 03月 04月 07月 08月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 08月 

【NeverSummerBLOG】
NewYork USA Boss OneSelf

琵琶湖バス情報 NeverSummer