.nbtnc{ display:none; } NeverSummerスクイッド
NeverSummerスクイッド

■2007年05月28日(月)  イカはどうした?
「今日はどうだった?」



「良かった♪ イッて良かった〜♪」



「ホントに?」



「なんかね〜、ハジメテの経験だった...」



と、先日の携帯での会話です。え?相手は誰だって? 実はここ1年ばかり、このお方との電話回数が特に増えてましてね。思わず電話番号の指定割にしてしまおうかと思ってます。




ねぇ...裏B塾長




ちなみに↑の会話内容ですが、決して怪しい関係になったわけではなく、先日塾長が某所にエギングで新たなテクを会得しにイッた帰り道での電話内容です笑 って事でこんにちは。スクイッド@バカです。


さて、その会得されたテクを聞く前に、マ〜シュさんと二人で太平洋にお出かけです。



今回は豪華船に二人のみ。と、言う事で、贅沢スペースが使えるので色々やってみようと言う事になり、船からのヤエンに初挑戦をする事になりました。

早速マリーナを出船。沖へ船を進めますが、予報通り2m超の波。波高が結構デカいです(汗)
波裏になりそうな場所で、しかもスポーニングポイントに絡みそうな場所を考えると...あそこしかないなぁと場所を選択。ちょっと遠いですが、ムリムリ向かいます。
しかし、海の波ってヤツは怖いですねぇ。琵琶湖とは厚みがちゃいます。昔、安曇川沖や南湖で結構怖い思いをしましたが、波質が違いますね。海ではディープハルの船しかアカンですね。バスボはムリです。


ウネウネの中ポイント到着。早速シャクリ初め...る前にヤエン投入です笑 アジをセット。せーのでドッポーン!取り合えずこれでOK。続いてエギをセッティング。シャクリ始めます。


と、マ〜シュさんがヒット!が、これがお約束のタコ笑 ここからマジで凄かった!


タコタコタコタコタコタコタコタコ...




タコー!!!



タコの応酬!笑 こんなにタコばかりなのは初めてです。



小移動...


ヤエン打ち直し。しばらくすると竿先に微妙な変化。んー、おかしいな〜と思っていたら


ジィーーーーーーーーー!


おお!きったで〜!3分待ってヤエン投入〜!


して、ゆっくりゆっくり寄せて...アレ?重くねぇ...バレたか...。

しょうがないのでピックアップして回収〜。と、ふいに重くなった。ん?なんか釣れたぞ?なんや?と思って上げて見たら...




タコー!!!




アジの状態からみると、イカが離れた後にタコが残りアジ胴体に抱きついた模様。なんてこった...。
エギングに戻ります。


と、しばらくすると、ピックアップしようとしたエギに2杯のイカが猛ダッシュ!!!


「ウォー!ついて来た〜!」


サイトで掛けようとしたら、船の下に入り込み見えない。が、反対側にいたマ〜シュさんが見事に乗せた!
よっしゃ!良く掛けた!しかも食べごろの充分サイズ。そのサイズなら抜けるやろ〜と思っていたんですが、マ〜シュさんがラインを持って抜こうとした瞬間、





ぽとん...




落ちました(激痛)


凹みながら場所移動。激アッチ〜ポイントに向かいます。

このポイントはイカやカワハギが狙える「特A級」ポイント。取り合えずヤエン投入。程なくするとマ〜シュさんが何やら「???」モードになってます。


「どうしたん?」


と聞いてみた所、


「イカ...かな?」


とのお返事。ラインの先を見てみると、水面下5cmの所にアジを抱いたイカがプカプカ浮いてます(驚)
こんな状態ではヤエンを投入しても掛かりません。しばらく観察する事に。

と、イカは器用に10本足でアジを折ってたたんで裏返し。ガジガジしながらしゃぶりまくってます笑
やがてアジの頭をカジリ落として深場へ潜行開始!当然ヤエン出動!!!






ゆっくりゆっくり寄せますが...今度はアンカーロープに引っ掛かりバレました....


もはやイカは諦め!やはりコイツしかねーなと思いターゲット変更!






やっぱコイツです。最近とってもラブリ〜な平たいヤツ笑 写真のようにマ〜シュさんもカワハギンガーになり、いつもより少なめですが数匹釣って終了となりました...。




☆今回のおさらい☆

アオリはマジでダメだったですねぇ。マリーナでも釣ってた人は1人ぐらいでしょうか?とってもシブかったです。ちなみにアカイカは3杯ほど釣れましたが、全く引かないのでタコと同じ扱いで楽しくないです泣 え?タコですか?え〜、二人で10ハイ以上は釣りました爆

ちなみにアジの頭を落とす瞬間のイカを初めて見ました。いや〜興味深かったですわー。あんな風に食べるんですねぇ。

しかし当日の暑かった事!そろそろイカは終了かな?ジギングにでも行きますかー!(でもカワハギ釣りたい笑)
  • 裏B(2007/05/28 23:39)
    え!指定割ですけど…何か?(爆)
  • やっすー(2007/05/29 01:04)
    僕も行きたかった・・・。
    イカも狙いたいのですがカワハギもかなり狙いたい。笑
  • マ〜シュ(2007/05/29 12:56)
    お疲れでした〜
    カワハギは旬は過ぎたとは言え、エエ味してました。
    ご馳走様でした〜
  • マサシ(2007/05/30 19:20)
    >裏B塾長
    え?やっぱり?笑 琵琶湖帰りのお電話は仕事の気分転換には結構エエっすね〜。いつも楽しみにしてます爆

    >やっすー
    多分エギングロッドで釣らせたら日本一です笑 専用竿で戦ったらコテンパンな気がしますが汗 しかし楽しい...。

    >マ〜シュさん
    お疲れさんでした〜。調べたら身の「旬」は夏だそうです。キモは冬場ですけどね〜。って事はまだまだイケる!って事ですね笑 目指せ30オーバー!

■2007年05月15日(火)  プロジェクトAA
皆さん



エエ釣りしてます?



今回はガイド報告にもあった通り、あのネバーサマーガイドのたつきちさんに無理を言いまして、琵琶湖でヒサビサのバスフィッシングを楽しむことにしました。


今回のテーマは「エエ釣りってどんな釣り?」ってな感じです笑


さて、前々日、前日と爆弾低気圧が通り過ぎた後の琵琶湖。果たしてどんな感じなんやろ?って不安なちょっとアンニュイな気分での出船。早速ポイントに直走ります。

まずは西側。さらっと流しますがノーバイト。水ですか?う〜ん、最近の琵琶湖は来てないんで、濁ってるのか濁ってないのかわからず。けど水温めっちゃ低っ!全ては低気圧のせい。


して移動。南側に走りますが、徐々に何やらお水がコーヒー色に。ポイントに付いた時にはありえない色してます泣
テキサスやらジグヘッドやら色々しますが全くアツくない。う〜んこれは困ったちゃんです。が、周りの船はタマに釣ってます。結構エエ魚です。一体ワタシと何が違うのかわかりませんが、一つ言える事は釣っている彼らは普段イカ釣りばっかしてねーって事ですね笑 

濁りに負けて移動。もっと南部に行って定番ストラクチャーを攻め始めると


(画像使い回し その 



あっさりとガイドさんが釣ります。見かけはボロですがエエ引きしてました。

ちなみにこのガイドさん、


「ネット要ります?」


と聞いたところ、


「いや、それほどのエエ魚じゃないんで。。」



とのご返事。

さすが普段もっとエエ魚ばっかり釣っているんで、あれぐらいの魚では全く慌てません。ランディングは慌てるのが一番良くないっすからね〜。ヒットした直後に慌ててネットをすぐ気にする方が見えますが、あれはダメっす。落ち着いて弱らせて寄せてからネットを準備すればバレませんから。まずは魚とのやりとりを一番に考えましょう。

この後、すってんてんさんも魚を釣り、ボクも2007年初バス(恥)をゲット。落ち着いた所でさらにエエ魚を獲りに沖のアツそうな場所を探します。


すこし流していくと、すってんてんさんヒット!



「どうすか?エエ引きしてますが。」


「う〜ん、エエ感じの魚です!笑」



と、上がって来たらかなりブリブリに太った結構エエ魚です。



(画像使い回し その◆



明らかにベイト食いまくりの体系です。ボクも続いてエエ感じの魚を釣ります。ん〜、ここが正解か〜?と思いますが、これがまもなく打ち止め終了...泣

どうもベイトが入った時にテンションUPするバス君達のようで、恐らくいるとは思いますが、容易にお口を使ってくれません泣


移動...



北上しつつ、アッチ〜とこを探しますが、どうにもこうにも釣れて来るバスは手計り最大でも45以下の魚ばかり。イカバカのボクにはお手上げ状態。ガイドさんも交代交代で寝るバックシーターに気を使い移動を控えるので(笑)、お荷物状態でゴメンサイ汗


最後は最終兵器のマッチョまで投入するものの、エエ魚にはめぐりあえず。ドラマも起きずに終了いたしました。



☆今回のおさらい☆

う〜ん、ちょっとキビしかったですねぇ。あの濁りは魚が釣れる前に人間のテンションが下がります泣
アフターのエエ魚を釣りたかったんですが、まぁ初バスは釣れたし(笑)良しとしましょうか!
でもやっぱりバスもエエっすね!楽しいですわー。今回はたつきちさんに初めて(!)一日バスフィッシングをお付き合い頂いたんですが、その釣りの最中のお話しもかなりタメになります。なぜこのポイントなのか、なぜこのリグなのかとか。「釣れるから(釣れたから)このポイント」って考えでは無く、「ここはこう言う場所だから魚が集まって釣れる」ってな考えを持って釣りした方が他の場所やリグにアジャストし易いですからね〜。ここが「考える釣り」バスフィッシングの魅力なんではないでしょうか?


たつきちさん、すってんてんさん、ありがとうございました〜。
  • 裏B(2007/05/16 15:21)
    いろいろとありがとうございましたぁ♪
    あとお仕事もお疲れ様でした(笑)
  • マサシ(2007/05/17 23:40)
    >裏B塾長
    え〜、誰もツッコまないかと。。。笑 ミッションコンプリートですか?(微笑)

■2007年05月07日(月)  覚醒&暴走
【覚醒】かくせい

〔椶覚めること。目を覚ますこと。
¬造いらさめること。迷いを覚ますこと。

                 広辞苑 第三版 岩波書店より



黄金週間どうでした?泣いた人、笑った人、仕事漬けだった人、琵琶湖漬けだった人。色々なGWを楽しまれたかと思います。スクイッド@「やっと釣り行けた」です。皆さんこんにちわ。

さて、久々の釣行。悔いの無い様に結果を出したいトコロですが、結果よりもやはりここは「楽しく!」をテーマに場所は太平洋!エギングで春イカを狙うメンバーと共に合宿に行く事になりました〜。


早速、某マリーナを出船。ポイントに向かう事にします。あ、そうそう、今回は総勢7人、2隻に分かれての挑戦です。こちらの船はたつきちさんと裏Bさんとすってんてんさんとボク。とりあえず近場からシャクリ始めます。

最初に選んだポイントはフィーディングタイムに回ってきそうな場所。風もないので、ものすご〜くシャクリ易いのですが、何故かバイトはありませぬ。して、移動。朝一なんで、大場所を回りつつ、手を変え品を変え色々試しますが全くのノー感じ。

実は朝にマリーナの方に「最近どう?」って聞いたところ、「釣れてないよ!」ってアッサリ一刀両断。う〜んチョット厳しいようです。

それに加えてマリーナの最強船を借りたはずなんですけど、何故か魚探が故障中。琵琶湖育ちの我々には深さや地形がわからないのは、目を奪われたのと同じ。慣れてない場所はキツいので、いつもの知った場所へ移動する事にしました。

ポイント到着。早速シャクリ始めます。と、なにやらフロントのお二人がボソボソ...。



「触ってる?」



「ですよね?何か触ってる感じがします」



とまるで目隠しプレイのような言葉が飛び交っています。と!すってんてんさんがアワセた!


「乗った〜!やっぱり〜!」

と、MH竿をブン曲げて上がって来たのは本命アオリイカ!しかも1キロジャストの立派なサイズ。先週と言い今回と言い、すってんてんさんは何かに確信を得て覚醒したようです!(詳しくは兄弟サイトエギング.comで)


さて、ここで皆さんの家庭の平和を守る為に日夜戦っているスクイッドとしては、ここは一発、イカを大量にゲットしてお土産を持って帰ってもらうってのが理想的では御座いますが、すってんてんさんの1杯の後、600gくらいのを1パイ釣ったのみで苦しい展開。

が、皆様ご安心を。前日の夜に「イカ狙いで通すかそれとも。。。」と悩んだ末に準備してきた、予備の作戦を決行することに。ええ。想像通りのカワハギ釣りです笑


前回、爆釣劇を繰り広げた記憶をそのままに仕掛けを投入。早速誘うと速攻でカワハギゲット!やっぱイカより簡単です。ポンポンポン..と調子良くハギをゲットして行くと、さっきからかなりチラ見していたボクのカワハギ知識の師匠、裏Bさんが


「貸し下さい!」


と、懇願(笑)。どーぞどーぞとタックル(ちなみに今回もエギング竿+ベイトリール汗)を貸した所、早速教科書通りの誘いを掛けます。流石裏B塾長、TVで見たとおりの見事な叩き釣り笑。


と!アワセた!


おお!コレは遂にカワハギ初ゲットかぁ〜!と思っていたら...




キタマクラです笑 しかもキモイ裏青筋入りのビックなヤツ汗


この後も裏B塾長、ベラ、ベラ、マッキー、ベラ、マッキーと外道のオンパレード笑 塾長、まだまだですね!笑


そんな事よりイカです。実は今回、最大のプレッシャーが掛かっているのはたつきちさん。何故かと言うと、たつきちさんはエギングを始めて半年。未だにK点を超えてないんです。そんなに簡単に超えられても困りますが、キロ弱のエエサイズを一番釣っていてKを超えてないのはナゼだろうナゼかしら?


そんなたつきちさんを激励する為にヤッスーさんが祝勝(誰に勝つ?笑)用のお酒まで用意してのエギング釣行。ここで釣らねば男じゃない!笑

しかーし!ここで全国1万人のたつきちファンの皆様、ご安心なさりませ!この人はやっぱり凄いっす!NEVER SUMMERの中でも期待を全く裏切らないパーフェクトな釣り師!頭の中では「K点..K点..」と呪文の様にK点と言う呪縛文字が回っていたとは思いますが、ウロウロ移動を繰り返して戻ってきたポイントにドラマは待っていました。


昼過ぎ。ちょっと中だるみがして来たその時です。水面上にベイトの群れが浮いたのを見つけたこのボク。すかさずたつきちさんに


「ベイトの下にはイカが付いてる事が多いッスよ〜」


と、話しかけたその直後!



「来ったぁあああ〜!」



と渾身のフッキング!



カラマレッティーMHの竿がブチ曲がります!固めに締めてあるはずのドラグは「ジッ!ジジッ!」と出て行き、全く上がってくる気配がありません。
コイツはデカいぞ〜!と皆が注目!


そしてゆっくりとその影が現れ...と言うかデカっ!

手に汗握る展開の中、無事になんとかネットィイイイイイ〜ン!




総重量2400g、胴長実に39cmの見事な、ホントに見事なビッグサイズのアオリイカ!


ここまで苦節半年。ヤッス〜さん、すってんてんさん、裏BOSS塾長にK点を先に越され、かな〜り悔しい思いをされてたかとは思いますが、あらためてたつきちさん



おめでとうございまっす!!!


いや〜、それにしてもデカい!エラそうにしているこのボクですが、実のところ、ここまでのサイズは釣った事がないんです汗
でも羨ましいと言うよりは自分が釣ったように嬉しくて嬉しくて。まったく悔しくはないんですよね〜。琵琶湖でガイドをしているたつきちさんですが、「ロクマルを釣ったくらい嬉しい!」とおっしゃってました。こんな言葉を聞くと、皆さんをエギングの世界にお誘いをしてきた甲斐があったと言うもんです。


この後はボクが300gくらいのを一杯、裏B塾長もアカイカを追加。カワハギを合計10枚くらい釣って終了。旅館に雪崩れ込み、今日のエギングについてや書けない話で大盛り上がりして大暴走!笑 翌日無事に帰宅する事が出来、楽しいGW釣行は終了いたしました。



☆今回のおさらい☆

いや〜オモロかった!普段の激務から離れて溜まりに溜まったうっぷんを晴らす釣行は最高でした!ホント、素晴らしいフィールドと釣行メンバーに巡り合えて感無量ですわ!
今回の状況は決して良くは無かったですね。でも、2.4kを釣ったたつきちさんを初め、皆様方の向上心って言うんでしょうかね?ホント勉強してますし、釣りカンがいいですわ。旅館で宴会中に皆さんと話したんですが、特に潮の動きとエギのフォールに関する考え方はもはや結果が付いてこなけりゃウソでしょ!ってぐらいパーフェクトだと思います。ボクが中々上手い言葉が見つからず文章化出来なくて、何となく思っている事をズバッと明確に答えを言ってもらえるので、雲が晴れたようにスカッとしますね。

釣りってのある意味数学です。状況や複数の要素を数式で組み立て答えを出す。一つ何かが欠けても数式は成り立たないし、答えは合いません。まぁ当てはめる数字自体が間違っていたら何にもなりませんけどね笑 その数字を確実にするために経験値が必要なんです。

経験値をムダにしてる方もタマに見えますが、「勉強になりました」って事はこの次以降にに繋げる事が出来て初めて意味を持つ言葉だと思います。

その意味では恐らく今回の釣行は楽しかっただけでなく、「勉強になった」と言う事が出来ると思います。ご参加の皆様方、お疲れさま&ありがとうございました〜。
  • 裏B(2007/05/07 20:53)
    師匠〜教えてくだされ〜あの極意を〜<懇願>
    たつきちさん〜教えてくだされ〜イカの極意を<懇願>
    やっすー〜教えてくだされ〜80’sの極意を<懇願しませんが…>
  • たつきち(2007/05/07 22:55)
    おちかれさまでした〜!
    なんか、ブログの内容が。。。
    マサシ師匠の凄さがどこにも触れられていないような。。。
    皆が苦戦するカワハギは一撃でしとめるし、イカもワンキャストで乗せるし、おまけにワタシが釣る直前に予言するし、アタシの午前中のアクションじゃ釣れねぇーって予言もお見事に当てるし。。。ほんと恐れ入りました凄すぎです。。。ハイ
    しかし、80’sは予知できませんでしたか?笑
  • やっすー@80’s(2007/05/08 03:05)
    >>予言師様
    お疲れ様でしたぁ〜。
    しかし、カワハギからイカまで、炸裂していましたね。
    僕は宿舎で炸裂できましたか?
  • マサシ(2007/05/08 20:28)
    >裏B塾長
    カワハギの極意ですか?う〜む、一子相伝の秘奥義なんで
    簡単には...笑
    今度ブログで詳しく解説してみましょうか?笑

    >たつきちさん
    お見事でした!ボクの凄さですか?いや〜、あのイカの前に
    は霞んでしまいますわ笑 自己満足に浸ってますんで、あ
    えて書きませんでした〜。
    80’sはニュータイプのワタシでも流石に...汗

    >80’sさん
    炸裂と言うより爆裂してましたね。全身像は流石に放送禁止かと思いためらいました笑
    で、塩焼きするとどうなんです?美味いんかな?笑

過去ログ 2004年09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 08月 10月 11月 
2010年02月 03月 04月 07月 08月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 08月 

【NeverSummerBLOG】
NewYork USA Boss OneSelf

琵琶湖バス情報 NeverSummer